「いつか旅立つときに」角田光代~12年後のストーリー

2016年9月8日
Category - ブランド・ストーリー
Author - H.Bessho

GARGERYは2004年から文章を書くことを生業としていらっしゃる方々に、GARGERYを味わって感じたことをショートストーリーやエッセイとして書き下ろしていただいてきました。30を超える作品の数々は全て別の方に書いていただいていましたが、今回初めて同じ方に2回目の筆を執っていただきました。

今や日本を代表する人気作家のひとり、角田光代さんです。
角田さんが直木賞を受賞されたのは2005年。その前年の2004年10月に「あの人が来るまでのあいだ」を角田さんに執筆いただいたのです。彼と待ち合わせをする女性の心の動きを微笑ましく描写したそのストーリーは、発売してまだ2年足らずだったGARGERYのデビューを鮮やかに彩ってくれました。

それから12年です。

あのストーリーの続編が角田さんから届きました。

二人の人生における大きな出来事の中で、「GARGERY」が再び鮮明に浮かび上がります。

>>「いつか旅立つときに」角田光代
※当コンテンツはモバイル版対応しておりません。パソコンもしくは大きめのタブレットでご覧いただくと読みやすいです。スマホでもページ下部の「モバイルテーマ」をオフにしていただくと読むことができます。

kakutaillust
イラスト:かみやかやこ