リュトンとともに生きていこう

2017年10月21日
Category - ブランド・ストーリー
Tag -
Author - H.Bessho

GARGERYのオリジナルグラスを「リュトン(rhyton)」と呼んでいます。これは日本語では「角杯(かくはい/つのはい)」であり、つまり動物の角(つの)を利用した飲酒用の杯を模したグラスということです。

ビールのブランドグラスとしては極めて個性的であり、「ガージェリー」というブランド名を覚えていなくても、「あのグラスのビール!」と、グラスの形で覚えていらっしゃる方は少なくありません。まさしくGARGERYの顔になっています。

この「リュトン」が生み出された経緯をあらためてご紹介したいと思います。

GARGERYは2002年末に樽詰ビール「ガージェリー・スタウト」だけのブランドとしてスタートしました。将来的には複数の種類のビールを展開することは想定していましたが、このブランドで訴えたいメッセージを、より明確で、より際立ったものにするために、当時の日本人にとっての“普通のビール”とは最もかけ離れている“濃厚な黒ビール”を前面に出すことにしたのです。樽詰め翌日にお店に届く極めて鮮度の高い“黒ビール”は、それだけでもインパクトがありますが、ただそれだけではGARGERYを広げていくためには十分ではないと思っていました。

ひと目惚れされたいと思った

樽詰ビールにはお客様の目に触れるラベルがありません。飲食店で普通のビールグラスやジョッキに注いでしまえば、見た目はいわゆる“普通の黒ビール”と変わるところはありません。ビールグラスやジョッキに「GARGERY」のロゴをプリントしたとしても知名度がゼロですから、それが何を意味するのか気づかれないことがほとんどでしょう。「ああ、黒ビールか・・・」で見過ごされないためにはどうすれば良いのか?

答はベルギービールにありました。2001年に事業のヒントを見つけるためにヨーロッパ市場を視察している中で、印象に残ったのがベルギービールの提供方法でした。

ご存知のとおり、ベルギービールには、聖杯形やチューリップ形などそれぞれ個性的な形のブランドグラスがあり、お店ではほぼ必ずそのブランドグラスで提供されています。中でもORVAL(オルヴァル)やRochefort(ロシュホール)の聖杯グラスは、日本で見るビールグラスとは全く異なる形でインパクトがあり魅力を感じました。例えば、スタイリッシュなカフェに入って隣の席で女性が大きな聖杯グラスで何かを飲んでいたら、「あれは何だろう?」と目を引くだろうな、と妄想が膨らんだのです。

濃厚な黒ビールを、まるで赤ワインやエスプレッソコーヒーのようにエレガントな飲み物に見立てて、ひと目惚れするような魅惑的なグラスでサーヴする。このイメージがブランドグラス開発の起点でした。

ブランドコンセプトを体現する

とは言え、だから聖杯形グラスではベルギービールの物真似ですし、ストーリーを持った独自のデザインを開発したいと考えました。

ブランド名は「GARGERY」に決まり、ビールは“黒ビール”(スタウト)だけで始めることにしました。そして、ブランドのコンセプトづくりからプロジェクトに関わっていただいていたデザイナーの太田益美さんに、「GARGERY」ロゴと合わせてオリジナルグラスのデザインもお願いしました。なかなかタフで、だけどエキサイティングな仕事だったと思います。

GARGERYのブランドコンセプトである、人の心の深くにある根源的なイメージ「元型(Archetype)」、そして、ビールの原点を求めようというプロジェクトの志、これらを体現するグラスとは・・・と思考を巡らせた太田さんから出来てたものが、このデッサンでした。

リュトンデッサン

その場にいた佐々木、別所、プロジェクトメンバーは目を奪われました。「これだ!」と誰もが思ったはずです。まだ漫然としていたプロジェクトが、手応えのある何かに変わった瞬間だったかもしれません。酒器の元型とも言える角杯は、まさにGARGERYブランドの「顔」として相応しいものでした。

ホッホドルフの角杯

さて、このアイデアを、実際に「作れて」「使える」グラスにしていく作業があります。

硝子職人が実際に作れるものでなければいけないのはもちろん、ハードルが高かったのが、飲食店の業務用として使用してもらうための十分な強度と機能性がなければいけないことでした。この苦労は別の記事を参照いただければと思いますが、なにしろ硝子の台座に硝子のグラスを差し込む、それを飲食店でブランドグラスとして使ってもらう、これを実現させるだけのエネルギーを生んだのは、このデザインがGARGERYブランドの顔として、絶大な力を発揮することがイメージできたからです。

きっと、ひと目惚れされる。

そして、我々は、このグラスを手に、GARGERYブランドのコンセプトを“熱く”語る。

魂は底に宿る

グラスと台座の形が決まり、グラスの側面に「GARGERY」を表すルーン文字を配することにしました。古代ヨーロッパの魔術文字はデザイン上も重要な役割を持っています。逆円錐形のグラスはややもすれば、ソフトクリームのコーンの形にも見えてしまいますが、この文字があることで神秘的な雰囲気を醸します。そして、文字のひとつ一つに様々な占い上の意味があるため、全体でブランド名を表しながら、一方で、飲み手個人個人の気持ちに寄り添う意味合いを含ませることもできるのです。

ルーン文字白(背景黒)

このルーン文字については誰もが存在に気づくと思いますが、リュトンにはもう一つデザイン上の大きなポイントがあります。

それは台座の底です。

台座の側面から底面を見ると、何かが見えます。

穴から覗くとこうです。

ガージェリーのブランドシンボルであるケルトの鍛冶神「ゴブヌ(Goibhniu)」と「GARGERY」ロゴが底面に刻まれてることがわかります。台座をひっくり返してみると裏表反対になります。

ゴブヌはエールを醸造し宴を主宰したと言われています。そしてそのエールには不老不死の秘術がかけられていたそうです。その伝説がGARGERYブランドを底で支えている・・・

何も言わないと台座の底のこの模様には気づかない方が多いのですが、ガージェリーを召し上がって何回目かに「あれ、これなんだ?」と発見する、というのも面白いではないですか。そしてバーテンダーやソムリエ、お店の方が「お気づきですか・・・?」と、したり顔で説明する。ああ、楽しい。

ところで、この台座底面の模様は始めからあったわけではありません。

初代のリュトンの台座はこれです。

底面は岩肌になっており、側面に「GARGERY」のロゴが金プリントされています。最初のデザインはこれでスタートしたのですが、使用しているうちに金プリントが次第に剥げてくることもありましたし、ブランドロゴを真正面に配するのはやや“正統派過ぎて”面白みに欠けるのではないかとの思いもありました。またブランドマークとして開発したゴブヌのデザインはとても気に入っていたものの、あまり出番が無いなと思っていたところ、底面の岩肌の替わりにこのデザインを刻み込んだら良いのでは?という閃きがあったのです。

こうしてリュトンが今の形になり、GARGERYとともに飲食店に広がっているのです。

当初の、お客様がグラスを穴に入れ損ねてビールをこぼしてしまうのではないか?割ってしまうのではないか?という心配は無用だったことがわかりました。

人の手は、人が思っている以上に優しく振る舞うことができるのです。

後付けで思いついたことですが、リュトンのこの形は「この穴にグラスを戻せないほど酔っ払ったら家に帰りなさい」というメッセージにもなります。

注ぎ手、飲み手、それぞれに、いろいろな解釈をしていただきたいと思います。

それが、GARGERYの本望です。

*

こころまでを満たすようなビールを届けたい

外飲みを、もっと楽しく、もっと魅力的にしたい

飲み手の人生に寄り添うような存在でありたい

along with your story

*