特集・コラム

もっと愛して黒ビール

GARGERYのフラッグシップは「ガージェリー・スタウト」、いわゆる黒ビールです。
日本では今一つ人気がない黒ビールですが、世界では多くの黒ビールが飲まれています。
黒ビールをもっと皆さんに知っていただきたい、もっと愛していただきたい…そんな気持ちを込めて、黒ビールの魅力を紹介しています。

もっと愛して黒ビール!

2012年3月30日(金)
熟した果実のような芳醇な香り、チョコレートやエスプレッソのようなほろ苦い甘さ。そんな特徴を持つお酒が世の中にあるとしたら…興味が湧いて来ませんか?? もっと黒ビールの魅力に気づいてほしいという願いを込めて、 美味しい黒ビールに出会ったことがない方 どうせ苦いんでしょ…って敬遠している方 ワイン、コーヒーがお好きな方 そして特に女性(ガージェリーの黒は女性ファンも多いのです) そんな…
» 続きを読む

黒ビールの色はどうして「黒い」?

2012年4月6日(金)
シリーズ「もっと愛して黒ビール!」の2回目。 今回のお題は、「黒ビールの色はどうして黒い?」です。 漆黒に輝く黒ビール、この黒ビールはどうして黒いのでしょう。理由は簡単。黒い原料を使っているからです。 もっと黒ビールの魅力に気づいてほしいという願いを込めて、 美味しい黒ビールに出会ったことがない方 どうせ苦いんでしょ…って敬遠している方 ワイン、コーヒーがお好きな方 そして特に女性…
» 続きを読む

人生いろいろ、黒ビールもいろいろ – 黒ビール飲み比べ

2012年4月20日(金)
シリーズ「もっと愛して黒ビール!」も3回目となり、今回のお題は「黒ビール飲み比べ」。日本人はお酒でもなんでも、直感や経験より知識を重視する方が多いですが、造り手の一人としては素直に好き/嫌いで楽しんでくだされば充分…という記事です。 早速ですが、会社や自宅の近所を回って「黒ビール」を探してきました。それほど揃わないだろうな…とは思っていましたが、手に入ったのは6種類。「6種類も揃うようになっ…
» 続きを読む

大人のための、正しい「ハーフ&ハーフ」講座

2012年4月29日(日)
日本ではなかなか人気が出ない黒ビール(泣)。前回は、「黒ビール」といっても玉石混交、色々ありますよ…という話題でした。  ≫人生いろいろ、黒ビールもいろいろ – 黒ビール飲み比べ 「黒ビールは苦いから…」 声を大にして言いたい、これは誤解です。今度詳しく書きましょう。 「黒ビールは味が濃いから…」 これは真っ当なご意見だと思います。 そこで「ハーフ&ハーフ」の出番です。黒ビールの旨味を残しつ…
» 続きを読む

黒ビールカクテルの王道 「ブラックベルベット」

2012年5月25日(金)
ビールが一段と美味しい季節になってきました。でも、この季節になると黒ビールは一層日陰者に…イメージが秋冬物なのですね。 私はあえて言います、夏でも黒ビールを飲もう! ところで、バーでは夏になるとカクテルのオーダーが多くなると言います。となれば、黒ビールを使ったカクテルです。今回は、シャンパンを使った黒ビールカクテル「ブラックベルベット」を紹介します。舞台は渋谷「BAR AdoniS」(アドニス…
» 続きを読む

黒ビールとエスプレッソの出会い – オリジナルカクテル「燻泡花」

2012年6月5日(火)
黒ビールカクテル特集、第2弾です。前回は「ブラックベルベット」を紹介しました。  >> 第1弾: 黒ビールカクテルの王道「ブラックベルベット」 今回は、いよいよガージェリー・スタウトを使ったオリジナルカクテルを紹介します。 以前、青山にガージェリーのアンテナショップ「GARGERY HOUSE」がありました。そこの看板カクテルだった「燻泡花」(くんぽうか)がそれなのです。  >> ガージェリーの…
» 続きを読む

紳士淑女のための、カクテル「ボイラーメーカー」

2012年6月15日(金)
黒ビールカクテル特集、第3弾です。  >> 第1弾: 黒ビールカクテルの王道「ブラックベルベット」  >> 第2弾: 黒ビールとエスプレッソの出会い – オリジナルカクテル「燻泡花」 酒の世界は奥が深ければ懐も深いものです。星の数ほど存在するカクテル、その中でも変わり種「ボイラーメーカー」をご存知でしょうか。 一般的には二つのスタイルがあると言われます。 ビールとバーボン・ウイスキーを混ぜ…
» 続きを読む

ラム酒に黒ビールを合わせる – 国分寺の隠れ家 LIBRE

2012年6月29日(金)
最近立て続けに紹介している黒ビールのカクテル、前回は「ボイラーメーカー」を取り上げました。バーボンの焼けつくような強さがいまだに喉に残っています。  >> 紳士淑女のための、カクテル「ボイラーメーカー」 普段、蒸留酒はほとんど飲まない私ですが、バーボンを体験したこともあり、他の蒸留酒の世界へも少し足を踏み入れてみようと思います。今回はラム酒の巻、名付けて「ボイラーメーカー ~ ラム・バージョン」…
» 続きを読む

夏に美味しい黒ビールカクテル – 「泡立つ黒」

2012年7月5日(木)
「esupmar preto」(エシュプマール・プレート) - ポルトガル語で「泡立つ黒」という意味。この夏、「なんちゃってポルトガル化計画」が進行中の大塚のカフェバー「Leandro」(レアンドロ)さんに登場した、黒ビール「GARGERY23 BLACK」とエスプレッソのカクテルです。  >> 大塚 Leandro - 生まれ年のマデイラワインを飲もう 先日、「燻泡花」(くんぽうか)とい…
» 続きを読む

チョコレートアイスクリームと黒ビールのカクテル 「Cioccolata」

2012年7月12日(木)
「ガージェリーには何が合いますか?」…良く聞かれる質問の一つです。そうした時、「燻製やチーズはもちろんですが、甘いものもよく合うんですよ。」…と答えるようにしています。アイスクリームもその一つ。ガージェリー・スタウトの開発当初、スタウトにバニラアイスクリームを浮かべたガージェリー・フロートを作って味を試したりしていました。 そこで、です。いよいよ、ガージェリーの黒とチョコレートアイスクリームを組み…
» 続きを読む

“黒”の七変化

2015年9月28日(月)
GARGERYは2002年に樽詰のガージェリー・スタウトだけのブランドとしてスタートしました。それまでの日本の“黒ビール”のイメージから大きく離れ、時にはエスプレッソコーヒーのように振舞い、時には赤ワインのように振舞う、時には力強く飲み手に訴え、時には柔らかく軽やかに包み込む、全く新しいアルコール飲料としてお客様に受け入れていただきたかった。その想いは、数々のお店に支えられて実現しつつあります。 …
» 続きを読む

【ガージェリー・スタウトと10年】 「AGURI GOOD MOON」‐中目黒

2015年10月21日(水)
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けするという、最高鮮度の無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品質を…
» 続きを読む