MBL #8 竹下さんの「一億総★セラピスト計画」と「COSI COSI」

2011年11月11日
Category - ガージェリー飲むなら その他 東京都 目黒区
Author - M.Sasaki

お酒を愛するレディと大人のひと時を過ごす「My Beer Lady」、略してMBL。前回は、作家の三谷晶子さんから熱く、濃いライフヒストリーを伺いました。8回目となる今回は、その三谷さんからご紹介いただいたセラピストの竹下康代さんの登場です。独特の考え方で「浄化セラピスト」、「ファン獲得セラピスト 養成講師」として活動を続けている竹下さんに、仕事の話から好きなライブバンド、男性諸氏に対する注文まで、楽しい話を伺いました。

MBL竹下

接客が好き~旅行業界からセラピストへの転身

竹下さんは、元々接客がとても好きだったそうで、学生時代のアルバイトも飲食業等の接客ばかり。そして社会人になる時は空港のグランドホステスになりたかったそうです。しかし時は就職の大氷河期。最初の望みはかなうべくもなく、それならば旅行業界へ入っちゃえ・・・と、飛び込みました。
旅行業界では、商品の企画から添乗員まで、幅広い仕事をこなした竹下さんですが、添乗員の仕事でお客様と仲良くなればなるほど、旅行だけ売って終わりってどうなんだろうと自問するようになり、もっとその人の人生と深くかかわりたいという思いが募ってきたといいます。
そんな折、整体をやっていた友人から、マッサージが上手だね・・・と言われたこともあり、エステの世界への転身を図ったのだとか。人間、何がきっかけになるか分かりません。

お母様の病気を機に独自の世界を探求

お母様が3年前に癌で亡くなった際、娘として近くで接していた竹下さんは、本人の気持ちの持ち方が病気に大きく影響する、言い換えれば、病気にはメンタルが大きく関わっているという強い思いを持つようになりました。それは一般的なエステサロンに勤めていた時期でしたが、やるべきことは単なる表層的なエステだけなのではなく、メンタル面から、魂のサポートをすることがより重要なのだ、という竹下さんなりの考え方が芽生えてきました。さらに、お客様の中には、施術をせずにカウンセリングだけで満足して帰られる方も多くなり始めたこともあり、カウンセリングやヒーリングといったものにより重きを置くようになって、次第に今の独自の世界を築くことに繋がったそうです。

35歳を過ぎると男はやばい

竹下さんのサロンには、割合は少ないですが、男性のお客様もいらっしゃるそうです。
男性も、仕事をしていく上で見た目は大事。同じ営業マンだったら見た目のいい方から買いたくなりますよね。だったら、男性も見た目に気を遣わないと・・・。竹下さんの目から見て、男性は35歳を超えたくらいから、「その身だしなみどうなの??」という人が増えてくると言います。女性には美を求めるのに、自分はどうなんだ・・・このあたり、私も含め、耳が痛い男性諸氏、多くないですか(笑)

マニアックなバンド好きな一面も

さて、話は竹下さんの趣味の世界へ移ります。

高校時代は吹奏楽部に所属し、オーボエ奏者として日夜練習に励んでいた竹下さん。高校2年生の時には全国大会出場の経験もある本格派です。
高校卒業後は吹奏楽からは離れたものの、コピーバンドをやったりして音楽とのかかわりは続いています。そんな竹下さんの楽しみの一つがライブ。
音楽もお笑いもライブの方がいい・・・ということで、今でもよく出かけて行くそうです。
メジャーどころのドリカムやCCBサカナクションはいいとして、相模原の「キンモクセイ」、神戸の「ワタナベフラワー」、千葉の「スキップカウズ」、名古屋の「竹内電気」・・・等々、私は聞いたこともないようなバンドの名前が次々と出てきました。これってかなりマニアックな世界ですよね。
そして、今回のMy Beer Ladyの翌日は、ユニコーンとジュンスカイウォーカーズの対バンに行くのだと、これ以上ない笑顔で話してくれました。

MBL竹下2

竹下流「新しい女の三種の神器」と「一億総★セラピスト計画」

ここで、セラピストの竹下さんならではの「新しい女の三種の神器」を紹介しましょう。

  • マッサージ
  • 天然の香り(アロマ)
  • 料理

家に帰るとアロマの香りが漂い、美味しい料理があって、疲れを癒すマッサージが待っている・・・浮気する男なんか絶対にいない。カップル&家庭円満。竹下さんの主張です。
また、お母さんがセラピストなら、子供がちょっと熱を出した時でも、お母さんのマッサージで子供も寝付けるし、ヒーリング効果で自分も楽になる。病院へ行く必要がなくなれば医療費も下がる。ホームセラピストという感覚で、一人でも多くの人にマッサージやヒーリングを覚えてもらえれば・・・曰く「一億総★セラピスト計画」。
皆さん、いかがですか!?

数秘術で探る私の正体

今回も楽しい時間はあっという間。いろんな話を聞いているうちにたちまち3時間半が経過。最後に、竹下さんが凝っている数秘術で、私のタイプを読んでもらいました。それによると、

私の生年月日の数字は「5」。これは、頭の回転が速くて、人を惹きつける魅力があり、自由で冒険者な感じ。ただ、何でも屋になってしまう危険があるので、地に足をつけることが時として大切・・・だとか。

うーん、特に前半の部分、余りにカッコいいイメージで気恥ずかしいですが、さあ、どうでしょう。

竹下康代さんブログ 「一億総★セラピスト計画」
セルフケアセミナー&セラピストスクールTSMA
竹下康代さん Facebook

石鍋創作料理 COSI COSI

今回のMy Beer Ladyの舞台となったのは、東急東横線都立大学駅からほど近い、石鍋創作料理「COSI COSI」(コジコジ)さんです。ご覧の通り、リゾート風の店内では、石鍋を使った創作料理を中心に、世界各国の料理を楽しむことができます。

COSI
この日いただいた料理をいくつかご覧にいれましょう。どれも彩り鮮やか、見ているだけで楽しくなってきます。

COSIフード

  • 石焼きシーザーサラダ(左上)
  • イベリコ豚のクリスタルプレート焼き(右上)
  • キノコと豚しゃぶの辛うまラー油飯(左下)
  • 生チョコプリンとラズベリーティラミスのコールドストーンパフェ(右下)

暖かいものは熱い石鍋の上で湯気を上げ、冷たいデザートはしっかり冷やされた石鍋の上でさらに清涼感を増す。メリハリの良さが何とも言えません。
この他にも、お店一押しの「生春巻き」、「アボガドサーモンボートのチーズ焼き」、「エビとキノコのアヒージョ」等々に舌鼓を打ちました。
いかがですか、行きたくなるでしょう。これらにガージェリー・スタウトを合わせれば、幸せ感が一段と膨らむこと請け合いです。是非お出かけください。

都立大学 石鍋創作料理 COSI COSI
お取扱い GARGERY STOUT
営業時間 平日 17:00~24:00
土・日・祝 12:00~14:40、17:00~24:00
定休日 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜定休)
住所 東京都目黒区八雲1-7-16
電話 03-5701-8041
最寄駅 東急 東横線 都立大学駅
Website 都立大学 石鍋創作料理 COSI COSI

» 大きな地図で見る