記事表示: サムネイル画像付きで表示(12件ずつ) | 記事タイトルのみ表示(全件一覧) | 著者プロフィール(ページ下部)

【ガージェリー・スタウトと10年】「SUR BAR」‐三軒茶屋

2017年8月19日(土)
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。3ヶ月以上の熟成の後、樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品…
» 続きを読む

【ガージェリー・スタウトと10年】「VANILLA BEANS」‐二子玉川

2017年5月6日(土)
GARGERYは、2002年の立ち上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする最高鮮度の無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時は全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する深い愛情と、品質を維持…
» 続きを読む

牡蠣好きな人、集合! – 下高井戸で「スタウト&オイスター」

2011年11月12日(土)
11月22日追記: このフェアは終了しました。「居酒屋おふろ」さんの次なる企画を楽しみに待ちましょう。 牡蠣好きな人に朗報です! ヨーロッパでは「オイスター(牡蠣)と言えばスタウト」・・・というほど相性が良い牡蠣とスタウトビール。 今、下高井戸の「居酒屋おふろ」さんで「STOUT & OYSTER FAIR !!!!」、スペシャルセットメニュー提供中です。 生牡蠣2個…
» 続きを読む

池ノ上 Bar Gratitude – バーで鍋を囲みました

2011年11月7日(月)
みんなで集まってガージェリーを飲もう・・・という企画「ガージェリー・ナイト」。今回は趣向を凝らし、好きな具材を持ち寄って鍋を囲みましょう、題して「ガージェリー鍋」と洒落込みました。場所は、京王井の頭線池ノ上駅からほど近い「Bar Gratitude」(グラティテュード)さん。普段は落ち着いた雰囲気のオーセンティックバーですが、この日ばかりは鍋会場に早変わり。床に座り込んでの鍋パーティーを楽しみまし…
» 続きを読む

下高井戸で飲む – 「居酒屋おふろ」 & 「ワインバー蜜月」

2011年6月4日(土)
京王線沿線の酒飲み達の間ではちょっと有名な店、下高井戸の「居酒屋おふろ」さん、そして姉妹店の「ワインバー 蜜月」さんの紹介です。 ワインバーである「蜜月」さんはもちろんですが、「おふろ」さんの方もワインが充実。店名には「居酒屋」とありますが、いわゆる“生中一丁!”の居酒屋さんをイメージして行くと、そのギャップに戸惑います。 「おふろ」のスタッフの皆さん~左から2人目が代表の白木さん …
» 続きを読む

その他の都道府県:

サイト内検索:

月別アーカイブ:

著者 - 佐々木 正幸 / Masayuki Sasaki
ガージェリー企画・販売 株式会社ビアスタイル21 代表取締役社長

2002年7月、キリンビールの社内ベンチャーとして設立された株式会社ビアスタイル21の社長に就任。以来、社長兼ブルーマスターとして、お客様のこころを満たす魅力的なビール作りに励む。2007年10月、キリンビールとの資本関係解消に伴い同社退社、現在に至る。
かなりの乗り鉄。イチロー大好き。お酒の好みは日本酒、ポート、シェリー、マデイラワインと、もちろんビール。

著者 - 別所 弘章 / Hiroaki Bessho
ガージェリー企画・販売 株式会社ビアスタイル21 取締役

佐々木と共に株式会社ビアスタイル21設立、ガージェリーの開発・発売に携わった。2007年に同社を離れたが、2015年4月より復帰。
実家は原宿の酒屋、ギターを弾き語り、ハーモニカを吹かすBar Hopper。前職のキリンビール株式会社では営業、マーケティング、海外事業、新規事業開発などを経験。本オフィシャルブログ以外にも、あちこちで会社非公認ブログを持ち、GARGERYを語る。

著者 - 座間 雄樹 / Yuki Zama
ガージェリー企画・販売 株式会社ビアスタイル21 2013年入社 2017年4月末退社

当ブログ内で「オトコの生きザマ」シリーズを全22回執筆。本シリーズは2017年末まで掲載します。