数千もの約束

2016年12月12日
Category - ブランド・ストーリー
Author - H.Bessho

ちょうど14年前の今日、2002年12月12日、第1号取扱店でのガージェリーの提供が始まりました。2001年7月25日に大手ビールメーカーの社内ベンチャーとして会社を設立(※)してから4ヶ月半経過してのことでした。

事業開始当初の商品は樽詰のガージェリー・スタウトだけであり、この濃厚な“黒ビール”を、品質を維持しながら、スタイリッシュでエレガントに提供することを考え、ブランドのスタートとして重要な、最初の取扱店となっていただきたい店に声をおかけしました。結果、開発時点からお世話になっていた赤坂「燻」銀座「煙事」と共に、取扱いを決めていただいたのは代官山のフレンチレストランでした。日本人オーナーシェフとして初めてミシュラン1つ星を獲得した方が経営するレストランでの取り扱いに、大変勇気づけられたことを覚えています。
※大手ビールメーカー(キリンビール株式会社)とは2007年に資本関係を解消しています。

gst1

以来、社員わずか2名から最大5名の体制(現在は3名)で、飲食店へガージェリーを紹介する活動を黙々と続け14年経過した今、商品は樽2種と瓶3種となり、お取扱店は全国で1,000店を超えるまでになりました。

飲食店だけで出逢えるガージェリーは、これからもこのコンセプトを変えることはありません。販売量よりも大事なことがあります。今は取扱いがなくなってしまったり、閉店されたお店もありますが、それも含めれば、数千ものお店と約束をしてきました。その約束はやぶりません。

*

こころまでを満たすようなビールを届けたい

外飲みを、もっと楽しく、もっと魅力的にしたい

飲み手の人生に寄り添うような存在でありたい

along with your story

*