BLOGガージェリーブログ

飲食店限定プレミアムビール「ガージェリー」をお届けするビアスタイル21社によるブログです。

【along with her story】 ミュージシャン カマタミズキ 2018年10月29日
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」で、ミュージシャンのカマタミズキさんと待ち合わせました。 生命力を沸き立たせる歌声 独特のグルーヴのギターと共に紡ぎ出される艶やかで伸びのある歌声は、ソウルミュージックやブルースからの影響と、圧倒的なセンスを感じさせます。時にクールに、時に情熱的に歌い上げ、...

>> 続きを読む

【ガージェリー・スタウトと10年】「BAR AOTETSU」‐吉祥寺 2018年10月22日
GARGERYは、2002年の立上げ当初、ガージェリー・スタウト一品のみのビールブランドでした。3ヶ月以上の熟成の後、樽詰め翌日に冷蔵便で直接お店にお届けする無濾過スタウトビール。飲んでいただければ違いは明らか。ただ、当時全く無名だったこの〝黒ビール〟を採用し、お客様に説明しオーダーいただくのには、お店も相当な勇気と努力が必要だったでしょう。そしてそれを長く続けるには、ビールに対する強い愛情と、品質を維持する根気が必要です。 このシリーズは、ガージェ...

>> 続きを読む

「私のギョーフ」乾ルカ 2018年08月15日
2004年から文章を書くことを生業としていらっしゃる方々に、GARGERYを味わって感じたことを文章にしていただいてきました。取扱店とウェブサイト限定で楽しめる、書き下ろしのショートストーリー&エッセイの新作をご紹介します。 2006年「夏光」が第86回オール讀物新人賞を受賞。翌年に受賞作を表題作とした短編集でデビュー。以降、数々の作品を発表し直木賞や大藪春彦賞の候補に上がるなど、活躍を続けられている乾ルカさんに最新のガージェリーストーリーを書き下ろ...

>> 続きを読む

【along with her story】 ミュージシャン NIRE(ニレ) 2018年08月03日
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。生演奏を楽しみながらガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」でミュージシャンと待ち合わせました。 歌い手のエネルギーが溢れ出ているNIRE(ニレ)さんにお話をうかがいます。 万物を照らすように歌いたい 「こんにちは!NIREです。太陽にあこがれる歌うたいです! なぜか?それは万物を照らしているからそう...

>> 続きを読む

さあ、坂道を舞い上がっていこう 2018年06月18日
2002年の創業以来15年余りお世話になった武蔵小金井から赤坂へ事務所を移転して、早2ヶ月が経ちました。会社住所が変わることによる官庁への届け出、様々な印刷物の刷りなおし、お得意先への連絡、そして当然ですが荷物の移動・整理など、社員2名で通常の365日営業の業務を続けながらでしたので、それなりにキツい日々でしたが、なんとか乗り越えたという気がします。 新しい事務所の入っているビルは、赤坂見附駅から徒歩2分という極めて便利な場所です。表玄関は青山通りに...

>> 続きを読む

武蔵小金井に感謝を込めて 2018年04月05日
皆さん、お久しぶりです。社長の佐々木が久々にブログを書きます。 というのも、皆さんに重大な報告があります! 2018年4月14日、株式会社ビアスタイル21は事務所を移転し、15年余り慣れ親しんだ武蔵小金井の地を離れます。 今明かす、なぜ武蔵小金井だったのか 思い返せば16年前、ビアスタイル21社の設立にあたり、さて、どこに会社を作るか… 最初の難題がそれでした。 絶対条件は、酒類販売免許がすぐに取得できるところ。 今でこそ、かなり容易に取得できる酒類...

>> 続きを読む

【along with her story】 絵本作家 ごみたこずえ 2018年03月21日
GARGERYがよく似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、リュトンを片手に、思い思いのストーリーを語っていただいています。今回は絵本作家の ごみたこずえさんと日暮里のライブバー「BAR PORTO」で待ち合わせました。まずはガージェリー・スタウトで乾杯の後、絵本作家になったきっかけから聞いてみたいと思います。よろしくお願いします! 「私は、もともと設計職をやっていましたが、2年ほど前に退職して、今は絵本作家をしています。この世界のいろいろなこ...

>> 続きを読む

【along with her story】 ミュージシャン荒川麻衣子 2018年02月23日
GARGERYが似合う大人の女性アーティストにスポットを当て、思い思いのストーリーを語っていただいています。ガージェリー・スタウトが飲める日暮里のライブバー「BAR PORTO」でミュージシャンの荒川麻衣子さんと待ち合わせです。ライブのリハーサルが一息ついたところにお邪魔しました。 こんにちは! 早速、リュトンを片手にお話をうかがいたいと思います。 荒川さんはジャズボーカリスト。埼玉、東京を主な活動エリアとして、ジャズスタンダードを中心に歌っていら...

>> 続きを読む

ガージェリーのコクサイカ 2018年02月12日
時々「ガージェリーは海外に輸出しないのですか?」というようなことを聞かれます。答は「まったく考えていません。」ということになります。樽商品も瓶商品も、醸造所から飲食店へ冷蔵便で直送することを大事なブランドの約束としているガージェリーですので、コンセプト上・品質上の大きな妥協をするか、もしくは海外の醸造所で新たに委託製造を始めるか、ということになります。前者はあり得ないですし、後者に手をつける前に、国内でやるべきことがまだまだあると思っています。 そういう...

>> 続きを読む

新しい2018年へ踏み出そう 2017年12月30日
2017年が終わります。 何度か書いてきたように、2017年12月は弊社とGARGERYにとってひとつの節目です。GARGERYが初めてビールを世に出したのが2002年12月ですので、ちょうど15周年ということになります。 いつの時代もいろいろ変化は起こっていますが、この15年で何が変わったかと言えば、人々のコミュニケーション方法と情報の流れの変化は劇的だったのではないかと思います。15年前にはすでに携帯電話は普及していましたが、道行く人の大半がス...

>> 続きを読む

TOP